女性にとってのシステムエンジニアの仕事

IT業界においてシステム開発の中心的位置に当たる仕事を担うシステムエンジニアは、世界との競争のために忙しい日々を過ごすことが一般的です。IT企業においてはその求人は毎年行われて若い人材を雇用し、新陳代謝を良くして若いエネルギーに満ちあふれた状態を作り出す傾向が強いでしょう。その求人枠には女性も含まれているものの、実際には男性比率が高いという状況が長く続いてきています。

時代の推移と共に少しずつ女性がシステムエンジニアの道を選ぶ傾向が生まれてきてはいるものの、20代後半から30代前半の間に離職する比率が大きく、全体としてはわずかにしかいないという状況があります。

この背景には仕事の忙しさという面に加えて、技術者としての代替がきかないという点があげられます。これは結婚して子供をもつということを考える女性にとっては大きな問題となってしまうでしょう。出産や育児のために職場を離れなければならないときが必ず訪れるということであり、その際に自分の代わりに働ける人材を見つけることが困難だということを意味しているからなのです。

こういったことから、特に結婚や出産が予想される女性にはなかなか重要なプロジェクトに参加してもらいにくいということが企業側の事情としても存在しています。サポート的な役割としての参画を求める企業も増えてきてはいるものの、システムエンジニアとなる以上はやりがいのある中心的位置を占めたいと考える女性も多いのが実情なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です