phpによる開発の可能性を追求する必要

phpを利用するエンジニアとしての道を歩む際には基本的にはWebプログラミングを主とした仕事を行っていくことになります。この道で活躍していくために重要となるのは、その時代における需要に合わせて適切なプログラムを生産性高く作り上げられるようになることです。ブラウザ上で動作するプログラムを作成してホームページに組み込むことができるということがメリットであり、一般的なソフトウェア開発に用いられるプログラミング言語ではなし得ないことです。そのため、ホームページ上での活用に特化して開発目標を絞っていくことになります。

しかし、javascriptやjavaの登場によってブラウザ上で動くプログラムを記述できる他の開発環境も広まってきました。javascriptやjavaに比べるとphpはプログラムの記述が容易であることから多くのエンジニアに活用されている傾向があります。そのため、javascriptやjavaよりも広い範囲で利用されていることが多く、現在でもなお主たる位置を占めています。こういった背景から、新しい言語を取り入れようとしている現場でない場合にはいかにしてphpの立場を守り続けるかということも重要な目標です。

javascript等にとって変わられないためにもその可能性を追求して活用できる幅広さを示していくことにより、新たな開発環境を導入せずともIT業界で生き残っていくことが可能になります。これは男性のみではなく女性も同様です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です